ブレードランナー2049

外国映画

SF映画「ブレードランナー2049」のあらすじ、キャスト、公開日、予告編は?

2017/05/13

SF映画の金字塔「ブレードランナー」の続編「ブレードランナー2049」が、今年の10月に公開されます。SF映画「ブレードランナー2049」のあらすじ、キャスト、公開日、予告編についてまとめてみました!

 

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

SF映画「ブレードランナー2049」のあらすじは?

 

SF映画の金字塔「ブレードランナー」とは?

フィリップ・K・ディックのSF小説「アンドロイドは、電気羊の夢を見るか?」を原作とした、SFハードボイルドアクション映画。

 

原作小説 「アンドロイドは、電気羊の夢を見るか?」 フィリップ・K・ディック著

 

 

映画「ブレードランナー」(Blade Runner) 1982年アメリカ映画

*スタッフ

監督:リドリー・スコット

脚本:ハンプトン・ファンチャー デヴィッド・ピープルズ

撮影:ジョーダン・クローネンウェス

編集:テリー・ローリングス

音楽:ヴァンゲリス

近未来世界視覚デザイン:シド・ミード

特殊効果監修:ダグラス・トランブル

 

 

*キャスト

リック・デッカード:ハリソン・フォード

ロイ・バッティ:ルトガー・ハウアー

レイチェル:ショーン・ヤング

ガフ:エドワード・ジェームズ・オルモス

プリス:ダリル・ハンナ

リオン:ブライオン・ジェームズ

ゾーラ:ジョアンナ・キャシディ

 

映画「ブレードランナー」のあらすじ

2019年、環境破壊により人類の大半は、地球を離れ、宇宙に移住し、地球に残った人々は、酸性雨が降り、高層ビルが立ち並ぶ人口過密の大都市ロサンゼルスでの生活を強いられていた。

 

宇宙開拓の最前線では、遺伝子工学により開発された人造人間”レプリカント”が、過酷な労働に従事していた。レプリカントは、製造から数年で、感情を持つようになり、主人である人間を襲う事件が起こる様になってきた。その事件を起こすレプリカントを見つけ出し、”処刑”する特別な任務を負うのが、専任捜査官の”ブレードランナー”であった。

 

多くのレプリカントを開発してきた、タイレル社の最新レプリカント「ネクサス6型」の一団が、人間を殺害し脱走して、地球に密かに帰還する。ブレードランナーを退職してたリック・デッカードは、元署長に呼べだされて、脱走し潜伏中の男女4人(バッティ、リオ、ゾーラ、プリス)を見つけ出し、処刑を命じられる。

 

デッカードは、最新レプリカントの情報を得るために、レプリカントの開発者であるタイレル社のタイレル博士に会いにゆく。彼の秘書をしているレイチェルもレプリカントであることを見抜くが、人間としての自己認識を揺さぶられ、動揺する彼女にデッカードは自然と惹かれてゆく。

 

脱走した一団の証拠物を集めて、レプリカントを追い詰めてゆくデッカードだったが、脱走した彼らの本心を知ることになる。

 

映画「ブレードランナー」(1982年公開)予告編


近未来の退廃的ロサンゼルスの街並みがやっぱり魅力的!

 

 

ルトガー・ハウアー演じる脱走したレプリカントのリーダー・ロイ・バッティのラストシーン


酸性雨が降りしきる中での死が印象的でした。

 

 

公開当時は、話題にならず、極端な不入りで上映も打ち切りになりましたが、、公開終了後、熱心なファンにより徐々に作品の評価が高まっていきました。公開されたバージョンの他に、

1.「ディレクターズカット ブレードランナー(最終版)」 1992年10月24日公開

監督のリドリー・スコットが、再編集した作品。主人公デッカードのナレーション、バイオレンス描写、ハッピー・エンディングが削除され、一角獣の神秘的な映像が追加される。

 

 

2.「ブレードランナー ファイナル・カット」 2007年11月17日公開

「ブレードランナー」製作25周年を記念して、監督のリドリー・スコットが自ら再編集し、デジタル修正を施したファイナルカット版

 

映画「ブレードランナー ファイナル・カット」(2007年)予告編


がそれぞれ公開されました。

 

 

今回、新たに製作された映画「ブレードランナー」の続編、映画「ブレードランナー2049」のあらすじは、

今わかっているのは、舞台は、前作から30年後の世界。新人ブレードランナーの”K”が、社会を混乱に落としれる潜在的な秘密を見つけてしまう。その秘密を解決するために30年前の事件後、行方不明になっているブレードランナー・リック・デッカードの居場所を捜し始めるのであった。

 

 

主役のブレードランナー”K”を演じるのが、今、話題のミュージカル映画「ラ・ラ・ランド」に出演のライアン・ゴズリングです。

関連記事:本年度アカデミー賞最多14ノミネート映画「ラ・ラ・ランド」のあらすじ、キャスト、予告編、サントラ、前売り券は?

 

 

 

 

SF映画「ブレードランナー2049」のキャストは?

 

現在、わかっているキャストは、

リック・デッカード:ハリソン・フォード

K:ライアン・ゴズリング

ロビン・ライト

ジャレッド・レト

アナ・デ・アルマス

シルビア・ホークス

カーラ・ジュリ

マッケンジー・デイビス

バッカード・アブディ

デイブ・バウティスタ

 

ハリソン・フォード、ライアン・ゴズリング以外は、まだ役名がわかっていません。

 

*スタッフ

製作総指揮:リドリー・スコット

監督:ドゥニ・ヴィルヌーブ

原作:フィリップ・K・ディック

原案:ハンプトン・ハンチャー

脚本:ハンプトン・ハンチャー マイケル・グリーン

撮影:ロジャー・ディーンキス

音楽:ヨハン・ヨハンソン

 

 

 

 

 

SF映画「ブレードランナー2049」の公開日は?

 

映画「ブレードランナー2049」の公開予定日は、アメリカでは2017年10月6日

日本での公開予定は、2017年10月27日(金)です。

 

 

 

 

SF映画「ブレードランナー2049」の予告編は?

 

映画「ブレードランナー2049」予告編


砂嵐のなかを歩く、新人ブレードランナーのK。古びた建物のなかで、30年間行方不明だったリック・デッカードと出会うシーンが出てきます。

 

 

 

SF映画「ブレードランナー2049」最新予告編(2017/05/09公開)


いろんなシーンが公開され、期待感が増します!

 

 

記事作成日:2017/02/08

最終更新日:2017/05/09

 

 

 

                          

スポンサーリンク

-外国映画
-, , , ,