福田雄一さんの舞台、ドラマ、映画、Twitterの紹介

演出家・監督 福田雄一

 

劇団ブラボーカンパニーの座長、テレビドラマ「勇者ヨシヒコ」シリーズ映画「HK 変態仮面」シリーズなどゆる~いギャグ満載のユニークな作品を発表し続ける福田雄一さんについて調べてみました。

 

福田雄一の舞台

 

福田雄一さんのプロフィール

本名:福田雄一(ふくだ ゆういち)

生年月日:1968(昭和43年)年7月12日(48歳) 申年(さる) かに座

出身地:栃木県小山市

血液型:A型

 

最終学歴:成城大学経済学部卒業

 

 

 

*略歴

お笑い好きの父親の影響で、子供のころから「クレイジー・キャッツ」を見て育つ。小学生の頃、学期末に開催される「お楽しみ会」では、毎回自ら台本を書き、コントを披露していた。

ハナ肇とクレイジー・キャッツ

クレイジー・キャッツ

出典:http://matome.naver.jp/

 

中学・高校生のころ、ゴルフに夢中になる。将来は、プロゴルファーになる事を夢見ていた。

 

大学進学を希望していた父親のために、高校の先生のすすめでゴルフ部のある成城大学に入学。

 

大学に入り、ゴルフ部の活動が予想以上に部費にお金がかかること、自分の腕前を知り、プロゴルファーの夢を諦めることになる。

 

ある日、小劇場ブームのニュースを目にする。小学生のころの「お楽しみ会」の楽しかった事を思い出し、入部先を演劇部に変える。以降、演劇漬けの日々を送る。

 

1990年、劇団ブラボーカンパニーを結成。 劇団ブラボーカンパニーの立ち上げ、公演記録については、劇団公式HPにて。

 

 

 

 

福田雄一のドラマと映画

 

テレビドラマ(演出・脚本)

2008年8月 「33分探偵」(兼原案)(フジテレビ)

主人公・鞍馬六郎(堂本剛さんが、犯人が明らかにわかっていて事件解決が間違いない状況で、CMの時間を抜いた33分間、事件(番組)を持たせるために思いつきと妄想が入り混じった迷推理を繰り広げる脱力系サスペンス作品。

 

 

2009年3月 「帰ってこさせられた33分探偵」(兼原案)(フジテレビ)

「33分探偵」の続編。

 

 

2011年7月 「勇者ヨシヒコと魔王の城」(テレビ東京)

お人好しで純粋な若者ヨシヒコ(山田孝之さんが、「いざないの剣」を何故か手にした為、疫病に苦しむ村人を救うための薬草探しの旅に勇者として選ばれてしまう。また、その旅は、薬草を探しに行った父親テルヒコ探しの旅でもあった。旅の途中で、旅の仲間ダンジョー、ムラサキ、メレブと出会い、旅を続ける。旅の進める中で薬草を見つけた父親テルヒコと出会い旅は終わったかに見えたが、突如、現れたが、疫病の真の原因は、魔王にあると告げる。ヨシヒコら一行は、魔王を倒すために旅に出る。

作品の構想は、イギリスのコメディ映画「モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル」から来ている。

 

 

2012年4月 「コドモ警察」(MBS)

横浜を舞台に、悪の組織「レッドヴィーナス」の罠にハマり特殊ガスを吸い込み子供の姿になってしまったエリート刑事たちが、新人の若手刑事とともに悪の組織「レッドヴィーナス」を追い詰めていく刑事ドラマ。主演は、鈴木福さん(大人の声:ゆうたろうさん)。

 

 

2012年10月 「勇者ヨシヒコと悪霊の鍵」(テレビ東京)

前作「勇者ヨシヒコと魔王の城」の続編・第2章。魔王が倒されて100年後の世界が描かれる。すでに天寿を全うし亡くなったヨシヒコ(山田孝之さんだが、魔物はびこる世界を憂いる民の声を聞き仏が、蘇らせる。魔物の封印を解いた者を探し出し、魔物を封印するため悪魔の鍵を見つける旅に出る。

 

 

2014年7月 「アオイホノオ」(テレビ東京)

島本和彦さんによる学園青春漫画のドラマ化。18歳の芸大生の焔 燃(ほのお もゆる)(柳楽優弥さんが、漫画家のプロデビューを志すさまを描いたコメディ作品。

 

 

2016年1月 「ニーチェ先生」(Hulu,読売テレビ)

原作:松駒さん、作画:ハシモトさんによる漫画のドラマ化作品。架空のコンビニエンスストアを舞台に、接客業でありながら、自分の気持ちに正直なアルバイト・仁井智慧(にい ともはる)(間宮祥太朗さん)や、彼に心の中でツッコミを入れ続ける就職浪人中の先輩アルバイトの松駒(浦井健治さんらを中心とした人間模様のコメディ

 

 

2016年9月 「宇宙の仕事」(Amazonプライムビデオ

劇団ブラボーカンパニーの同名作品のドラマ化。異星人から地球を守る「地球防衛軍」に突然選ばれた一般人の奮闘を描くドラマ。

 

 

2016年10月  「勇者ヨシヒコと導かれし七人」(テレビ東京)

「勇者ヨシヒコ」シリーズの第三弾。山田孝之さん主演。前作「勇者ヨシヒコと悪魔の鍵」で暗黒の神・デスタークを倒して数百年後の世界が舞台。世界は、最強の敵、天空の魔人によって、再び暗黒の世界と化していた。仏が、ヨシヒコ(山田孝之さんを蘇らせるところから物語は、始まる。

( テレビ東京山田孝之主演「勇者ヨシヒコと導かれし七人」放送開始日決定!

 

 

 

 

 

映画(監督・脚本)

2009年 「大洗にも星はふるなり」(兼原作)

2006年12月に劇団ブラボーカンパニーで上演した舞台劇を映画化した作品。

夏休み中、茨城県の大洗の海の家でアルバイトをしていたナルシストの杉本(山田孝之さん奥手のサメマニアの松山(山本裕典さん海の家のマスター(佐藤二朗さんらは、憧れのマドンナ・江里子(戸田恵梨香さんからの呼び出しの手紙で再び、海の家に集まるのだが・・・

 

 

2013年 「コドモ警察

ある日、悪の組織「レッドヴィーナス」から、来日するカズキスタン大統領の暗殺予告が届く。事を表沙汰にしたくない本庁は、大統領警備から特殊捜査課を外す決定を下す。本庁の意向に従うというデカ長に納得出来ないコドモ刑事たちは、デカ長の元を去っていく。

 

 

2013年 「HK 変態仮面

あんど慶周の漫画「究極!変態仮面」の実写映画化。脚本協力:小栗旬さん

SMクラブ”ソドム”に踏み込んだドMの刑事と、”ソドムの”ドSの女王様・魔喜は、ひと目で恋に落ちて結婚する。二人の間に生まれた色丞狂介(鈴木亮平さんは、紅游高校の拳法部に所属する高校生に成長していた。ある日、狂介のクラスに転校してきた姫野愛子(清水富美加さんに一目惚れする。ところが、姫野愛子が、銀行強盗の人質にとられる事件が発生。狂介は、彼女を救い出すために覆面で変装して強盗を倒そとするのだが、間違えて女性用のパンティを被ってしまう。その瞬間、彼の身体を駆け巡ったのは今までに体験したことのない強烈なエクスタシーだった。それまで眠っていた父と母の変態のDNAを受け継いでいた彼の血が覚醒した。そして、人間の存在能力を100%発揮した超人”変態仮面”へと変身したのだ。

 

 

2013年 「俺はまだ本気出してないだけ

青野春秋さんの漫画の実写映画化。42歳バツイチの子持ちの中年男、大黒シズオ(堤真一さん。シズオは、高校生の一人娘・鈴子(橋本愛さん父親の志郎(石橋蓮司さんの3人ぐらし。本当の自分を見つけるためと勢いで会社を退職してしまう。会社を辞めてから一ヶ月たつが、家でゴロゴロとゲーム三昧の日々を過ごしていた。父親の志郎は、毎日怒鳴り散らしている。そんなある日、本屋で立ち読みをしていたシズオは、突然、漫画家になろうとひらめく。根拠のない自信をもって、出版社に持込を続けるのだが・・・

 

 

2014年 「女子ーズ

世界征服を目論む邪悪な怪人を倒すために、名字に色が入っているという理由だけで司令官チャールズ(佐藤二朗さんの元に集められた5人の女性たち(桐谷美玲さん、藤井美菜さん、高畑充希さん、有村架純さん、山本美月さん)。いきなりの展開に疑問を感じながら、戦隊「女子ーズ」として戦隊を組み、怪人と戦うことになる。全員が揃って繰り出される無敵の必殺技「女子トルネード」が、最大の武器だが、今時の女子は、恋愛、仕事、美容にヤボ用と多忙な女子はなかなか全員が揃わない。次々と現れる怪人を倒して、片手間で世界の平和を守ることが出来るのか女子ーズ!

 

 

2015年 「明烏

「明烏」、「品川心中」などの古典落語をベースにした借金返済に追われる指名ゼロのどん底ホストと、彼の頼りにならない同僚や客たち、取り立て屋との攻防をコミカルに描くシチェーションコメディ作品。品川で細々と営業するホストクラブ「明烏」。この店のワーストワンのホスト・ナオキ(菅田将暉さん)は、借金返済期限が迫る中、返済金1000万円を用意出来たことを祝って同僚らと宴会を開く。次の日の夕方、ナオキが目を覚ますと、返済金はなくなっており金の工面が出来たのは夢だったことに気付く。12時間後に借金を返済出来なければ、東京湾に沈められると取り立て屋に脅されたナオキは・・・

 

 

2016年 「HK 変態仮面 アブノマール クライシス

2013年公開の映画「HK 変態仮面」の続編。脚本協力:小栗旬さん

愛子(清水富美加さん)のパンティをかぶり変態仮面に変身し、悪と戦う色丞狂介(鈴木亮平さん)。大学生になった二人の思いは徐々にすれ違うようになっていく。愛子は、狂介にパンティを返してもらうことに。同級生の真琴正(柳楽優弥さんは、気付かぬうちに愛子を傷つけている狂介を憎しみの目で見ていた。愛子のパンティを失った上に、世界中からパンティが消えるという未曾有の事件が発生する。接待絶命の危機に陥ってた変態仮面の前に、最大の敵が現る!

 

 

2017年 「銀魂

空知英秋さん原作の「銀魂」の実写映画化作品。2017年公開予定。(「銀魂」実写映画化情報

 

 

 

 

 

福田雄一さんのTwitter

 

福田雄一さんの公式Twitter

 

 

俳優・佐藤二朗さんのTwitterに通ずるものがある福田雄一さんのTwitter!(*´∀`*)

 

 

 

記事作成日:2016/08/11

最終更新日:2016/09/14

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です