フィギアスケート・羽生結弦

旬の話題

羽生結弦、来季SPにショパン「バラード第1番」を選曲

2017/05/30

フィギアスケート男子の羽生結弦選手が、26日(金)千葉市の幕張メッセで行われたアイスショー「ファンタジー・オン・アイス」で来季のショート・プログラム(SP)を初披露しました。

 

 

スポンサーリンク

 

選曲は、ショパンの「バラード第1番」

 

フィギアスケート男子で66年ぶりの五輪連覇を狙う羽生結弦選手が、選んだ曲はショパンの「バラード第1番」

 

2014ー2015年のシーズン2015ー2016年のシーズンの2季連続で使用したピアノ曲で、世界歴代1位の110.95点を叩き出した曲です。

 

ファンタジー・オン・アイスでの新しいプログラムの演技内容は、冒頭に予定していたと思われる4回転ループは回転が抜けて2回転になってしまったが、演技後半のトリプルアクセルはきれいに滑り、最後には4-3回転のトリプルトーループを決めました。

 

ショーが終わった後、2018年平昌五輪で連覇を狙う羽生が所属するANAスケート部の城田憲子監督によると、「今年は勝負の年。4年間で一番いい作品をやるべきだ。ショーに出ながら、ボリュームを増やし、仕上げていく」ということで、

15年、グランプリシリーズNHK杯グランプリ(GP)ファイナルと立て続けに世界歴代最高得点をマークした名プログラムを再演した意図を説明しました。

 

 


 

 

 

 


 

 

 

 


 

 

 

来年の平昌五輪が楽しみですね! 頑張れ!羽生結弦選手!

 

 

 

記事作成日:2017/05/30

最終更新日:2017/05/30

 

 

                          

スポンサーリンク

-旬の話題
-, ,