ハリポタ新作「ハリー・ポッターと呪いの子」のあらすじ、洋書(英語版)、舞台キャスト、新刊予約、映画化は?

ハリー・ポッターと呪いの子

世界的大ヒットになり、映画化もされたJ・K・ローリング著の傑作ファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズの最新第8作「ハリー・ポッターと呪いの子」が、2016年7月31日(ハリー・ポッターの誕生日!)に発売されました。

 

ハリポタ新作「ハリー・ポッターと呪いの子」のあらすじ、洋書(英語版)、舞台キャスト、新刊予約、映画化について調べてみました!

 

 

 

 

 

 

ハリポタ新作「ハリー・ポッターと呪いの子」のあらすじ

 

ハリー・ポッターと呪いの子

出典:http://www.christiantoday.co.jp/

 

 

物語は、全7作の最後の作品「ハリー・ポッターと死の秘宝」の後、19年後(2017年)から物語は始まります。

 

学校に通う3人の子供を持つ父親になったハリー・ポッター(37歳)。魔法省の闇祓い局の局長となり、毎日忙しく働いていた。常に英雄”ハリー・ポッター”としていることは難しくなっていた。過去と向き合いつつも、昔を拒絶してしまうハリー。

 

一方、次男のアルバス・セルブス・ポッター(11歳)もホグワーツ決戦の19年後の2017年9月1日にホグワーツ魔法魔術学校に入学するが、”英雄”の家族というプレッシャーに苦悩していた。

 

現在と過去が不気味に交差するときに、二人は思わぬ事実を知ることになる。は思わぬところから二人に忍び寄ってくるということを・・・

 

 

 

 

ハリポタ新作「ハリー・ポッターと呪いの子」の洋書(英語版

 

 

 

今回、出版された最新作「ハリー・ポッターと呪いの子」は、原作者J・K・ローリングが書いた小説ではなく、「ハリー・ポッター」シリーズ初の舞台作品「ハリー・ポッターと呪いの子」のリハーサル台本の書籍化です。

 

今回の舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」を上演するにあたって、原作者のJ・K・ローリング、演出家のジョン・ティファニー、テレビ脚本家のジャック・ソーンの3人でオリジナルの原案を創作しました。

その原案をもとにテレビ脚本家のジャック・ソーンが台本を執筆しました。

そして、今回、出版されることになったのが、この「ハリー・ポッターと呪いの子」の舞台の台本です。ストーリーが長い為、舞台では、第1部、第2部に分けて上演されています。

 

 

 

ハリポタ新作「ハリー・ポッターと呪いの子」の舞台キャスト

 

パレス劇場

出典:http://matome.naver.jp/

 

「ハリー・ポッターと呪いの子」舞台公演情報

 

プレビュー公演 2016年6月7日~7月3日

本公演 2016年7月30日(土)~

 

公演形態

*第1部または、第2部のみ観劇する場合

木曜日 午後7時30分 第1部

金曜日 午後7時30分 第2部

 

*第1部、第2部通して観劇する場合

水曜日 午後2時 第1部   午後7時30分 第2部

土曜日 午後2時 第1部   午後7時30分 第2部

日曜日 午後1時 第1部   午後6時30分 第2部

 

月曜日・火曜日は、休演日

 

劇場

Victoria Palace Theatre

 

*スタッフ

演出:John Tiffany

台本:Jack Thorne

衣装:Katrina Lindsay

作曲:Imogen  Heap

特殊効果:Jeremy Chernick

奇術:Jamie Harrison

 

 

*キャスト

ハリー・ポッター:ジェイミー・パーカー

ロン・ウィーズリー:ポール・ソーンリー

ハーマイオニー・グレンジャー:ノーマ・ドゥメズウェニ

ジニー・ウィーズリー:ポピー・ミラー

ドラコ・マルフォイ:アレックス・プライス

アルバス・セルブス・ポッター:サム・クレメット

ローズ・ウィーズリー:シェレール・スケート

スコーピウス・マルフォイ:アントニー・ボイル

 

 

 

ハリポタ新作「ハリー・ポッターと呪いの子」の新刊予約

 

 

日本での出版予定日は、2016年11月11日(金)です。Amazon、楽天などで予約の受付中です。

 

今回、出版される「特別リハーサル版」は、 2016年6月7日~7月3日に上演されたプレビュー公演の台本の書籍化。

 

プレビュー公演の後、手直しされ、2016年7月30日(土)からの本公演で使われる完成台本は、一定期間置いたあと「愛蔵版」として書籍化、出版される予定です。詳細は、後日発表予定。

 

 

 

ハリポタ新作「ハリー・ポッターと呪いの子」の映画化は?

 

 

ハリポタ新作の「ハリー・ポッターと呪いの子」の映画化ですが、詳細などはまだ、発表されていません。

 

舞台版のプロデュースに「ハリー・ポッター」シリーズの映画製作をしていた米ワーナーブラザーズ社が参加しているので、やはり、映画化も考えているのではないでしょうか?

 

また、原作者のJ・K・ローリングは、この「ハリー・ポッターと呪いの子」で「ハリー・ポッター」シリーズは完結と、発言しているため、もし、映画化されれば、「ハリー・ポッター」シリーズの最後の作品として話題になるのではないかと思います。

 

 

 

 

 

【 追記 】

舞台「ハリー・ポッターと呪いの子」を、米ワーナーブラザーズ社が映画化の企画を検討していると、NYデイリーニュース紙が報じました。

 

米ワーナーブラザーズ社は、早ければ2020年の公開をめざしているというそうです。また、映画「ハリー・ポッターと呪いの子」は、ハリーの息子・アルバス・セルブス・ポッター(11歳)を中心に描き、膨大な制作費を投じて3部作になるよう準備を進めているようです。

 

制作の最大の懸念は、ハリーを演じたダニエル・ラドクリフが、当分、ハリー役に復帰する意思がないことです。現在、ダニエル・ラドクリフは、映画「ウーマン・イン・ブラック 亡霊の舘」や映画「グランド・イリュージョン 見破られたトリック」などの野心作に出演しています。

 

映画館の大きな画面で、また、ハリー、ロン、ハーマイオニーの3人が揃うのでしょうか!もし揃って見ることができたら最高ですね。

 

 

 

記事作成日:2016/08/02

最終更新日:2016/12/19

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です