小室哲哉さん引退報道まとめ

小室哲哉

 

音楽プロデューサーの小室哲哉さんが、1月19日の記者会見で音楽活動からの引退を発表しました。音楽活動からの引退についての様々な反響や報道などをまとめてみました。

不倫報道を受けての記者会見

「週刊文春」が報道した記事は、小室が通院していたクリニックで親密になったシングルマザーの看護師を自宅などに招いて共に過ごしたという内容。小室は会見場に集まった約150人の記者やカメラマンに向かって「妻であるKEIKO、家族、ファンの皆さまにご心配をおかけし、ご相手の方にもご迷惑をおかけしたことをお詫びします」と挨拶し、「言動が支離滅裂になるとよくないから」と昨晩書いたというメモを見ながら、「僕なりのこの騒動のけじめとして、引退を決意しました」と語り始めた。

出典:小室哲哉、涙の引退会見「悔いなし、なんて言葉は出てこない」 :音楽ナタリー

 

 

 

YOSHIKI、引退表明した小室哲哉にメッセージ

引退を表明した小室哲哉さんに、X JAPANのYOSHIKIさんがTwitterで気遣いを見せていました。

 

**

 

 

 


**

 

 

 

**

 

 

 

「文春」批判強まる。#文春を許さない

今回の小室哲哉さんの不倫報道から、記者会見、音楽活動からの引退表明につながり、「週刊文春」の不倫報道にたいして批判が強まりました。

Twitterでの文春批判のコメントの数々。 #文春を許さない

 

 

「週刊文春」での不倫報道が続くのは、それがビジネスモデルになっているからだと津田大介さんのコメント

週間文春のビジネスモデル

**

 

 

 

**

 

 

 

*「週刊文春」の不倫報道について

**

 

「週刊文春」も雑誌の発行部数が減ってきて、編集部はデジタルコンテンツの制作・販売がメインになりつつあるのかもしれませんね・・・

 

 

小室哲哉さんの引退表明について、文春の記者が、21日放送のTBS系「サンデー・ジャポン」に出演して今回のことは、本意ではなかったとコメントしました。

文春記者、小室の引退に「本意ではない結果」 サンジャポ取材に語る

 

 

 

 

小室哲哉、TKソング再評価

今回、引退表明で話題を集めていますが、実は小室哲哉さんの楽曲の再評価が、2017年末から盛り上がりを見せていたそうです。

引退とは関係なく、書かなければいけないと思っていた出来事があった。2017年年末から2018年にかけて、小室哲哉を取り巻く音楽環境が盛り上がりをみせていたということだ。平成ブームとでもいうべきシーンが高まるなか、稀代の音楽家 小室哲哉は今年の11月27日には還暦、60歳を迎えようとしている。

出典:「小室哲哉、引退発表によせて 昨今のTKソング再評価、音楽シーンに与えた影響を振り返る」:Real Sound

 

 

 

globe 「DEPARTURERS」

**

 

 

H Jungle with t 「 WOW WAR TONIGHT ~時には起こせよムーヴメント~」


**

 

 

小室哲哉さん公式Twitterより

**

 

 

小室哲哉さん公式インスタグラムより


**

 

 

 

僕は芸能人になりたかったわけではなく、音楽家になりたかった。ヒット曲を作りたかったのではなく、好きな音楽を作りたいと思っていた

出典:「小室哲哉、涙の引退会見「悔いなし、なんて言葉は出てこない」:音楽ナタリー

 

 

 

 

記事作成日:2018/01/24

最終更新日:2018/01/24

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です