映画「ライフ」(2017)のあらすじ(ネタバレ)は?

映画「ライフ」(2017)

映画「ライフ」(2017)が、7月8日(土)公開されます。映画「ライフ」のあらすじ(ネタバレ)を調べてみました!

 

 

 

映画「ライフ」(2017)のあらすじ(ネタバレ)は?

 

映画「ライフ」 2017年公開のアメリカ映画

監督:ダニエル・エスピノーザ

 

*キャスト

ジェイク・ギレンホール:デビッド・ジョーダン(医師)

レベッカ・ファーガソン:ミランダ・ノース(検疫官)

ライアン・レイノルズ:ローリー・アダムス(航空エンジニア)

真田広之:ショウ・ムラカミ(システム・エンジニア)

アリヨン・バカレ:ヒュー・デリー(宇宙生物学者)

オルガ・ディホヴィチナヤ:エカテリナー・”キャット”・ゴロフキナ

 

 

*あらすじ

国際宇宙ステーション(ISS)では、473日間も宇宙に滞在しているアメリカ人医師デビッド・ジョーダン(ジェイク・ギレンホール)をはじめ6人の宇宙飛行士が活動していた。

 

ある日、火星から帰還した無人探査機を回収した彼らは火星の土壌から未知の地球外生命体(ライフ)を発見する。

 

世紀の大発見に興奮するクルーだっだが、そんな彼らを恐るべき惨劇が待ち受けていた・・・

 

生命体は、次第に進化、成長を遂げ、高い知能を持つようになる。

 

その生命体は、小さく美しく無駄なものが一切ない”筋肉”と”脳”だけの、火星を支配した宇宙最強の生命体であった。

 

やがて、生命体に翻弄された宇宙飛行士たちの関係も揺らぎはじめ、ついには命を落とす者も出てしまう。

 

1人、また1人と命を落としていき・・・・

 

 

 

ここからネタバレ!!鑑賞前の方はご注意下さい!!

 

 

 

 

最後に生き残ったのは、デビッド・ジョーダン(ジェイク・ギレンホール)とミランダ・ノース(レベッカ・ファーガソン)だけだった。

 

 

「ふたつある非常用脱出ポットを利用して、自分は生命体を自分のポッドに誘い込みそのまま地球とは反対の方向へ飛び出す、君は地球へ向けて飛び立ってくれ。」とデヴィッドが提案する。

 

 

自分の命を犠牲にする提案にミランダは賛成するしかなかった。

 

 

そして、それぞれ脱出ポッドに乗り込み、宇宙空間へ放出される。

 

 

宇宙ゴミがぶつかるミランダの脱出ポッド。

 

 

生命体に捕食されるデヴィッド。

 

 

地球に向う脱出ポッド。

 

 

空から落下してくる脱出ポッドを見上げる漁師たち。

 

 

海に落下した脱出ポッドに近づく漁師たちが中を覗くと・・・

 

 

なんとそこには!

 

 

生命体に捕食され顔だけが残ったデヴィッドの姿が。

 

 

叫び声をあげながら、宇宙の彼方に消えてゆくミランダの脱出ポッド。

 

 

「開けるな!」と叫ぶデヴィッドだが、言葉が分からない漁師たちはポッドの窓を開けていしまう。

 

 

海に落下した脱出ポッドにまた、漁師の船が2叟近づいていった。

 

 

ブラックアウト・・・

 

 

 

「ゼロ・グラビティ」と「エイリアン」と合わせた内容のSFスリラー映画「ライフ」でしたが、前の2作のように助かる終わり方では無く、皮肉な結果のエンディングのようです。

 

 

 

記事作成日:2017/06/29

最終更新日:2017/06/29

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です