紫外線対策

旬の話題

紫外線対策について

気候が良くなって来ると気になるのが、紫外線。でも、紫外線ってなに?また対策はどんな事をしたら良いのか調べてみました!

 

 

スポンサーリンク

 

「紫外線」ってなに?

 

紫外線」とは、太陽から発せられている光のー種です。

 

 

多くの光は、オゾン層に吸収され地上に降り注ぐことはありませんが、「赤外線」、「可視光線」、「紫外線」の3種類は、地上に降り注いでいます。

 

 

【 地上に降り注ぐ光の種類 】

紫外線 3種類

出典:https://slism.net/beauty/how-to-select-parasol.html

 

 

赤外線」は、暖かさを感じる光。

可視光線」は、目に見える光。

「赤外線」と「可視光線」の2つの光は、人体に大きな悪影響を及ばさないと言われています。

 

 

紫外線」は、シミ、ソバカス、しわの原因になるだけでなく、炎症を起こし肌の老化を加速させると言われています。そのためにも「紫外線対策」の注意が必要になります。

 

 

「紫外線」は、英語で「Ultraviolet rays」と呼ばれ、よく「UV」と言われるのは、この「Ultra Violet(ウルトラ・バイオレット)」の部分を略して、「UV」と呼ばれています。

 

 

「紫外線」は、”波長の長さ”によって3種類に分けられます。

波長が”長いもの”から順に、「UV-A(紫外線A波)」、「UV-B(紫外線B波)」、「UV-C(紫外線C波)」の3つに分けられます。

 

 

紫外線は、波長が”短いもの”最も人体に悪い影響を及ぼすため、「UV-C(紫外線C波)」が最も危険な紫外線です。ですが、「UV-C(紫外線C波)」は、オゾン層に吸収されて地上に降り注ぐことはありません。

 

 

しかし、最近の地球温暖化や、環境破壊などの影響でオゾン層の破壊が進んでいるため、将来的には「UV-C(紫外線C波)」が地上降り注ぐ可能性も否定出来ません。

 

 

 

「UV-A(紫外線A波)」と「UV-B(紫外線B波)」について

 

(1)「UV-A(紫外線A波)

UV-A(紫外線A波)」は、雲や窓ガラスを透過して、肌の奥、真皮まで紫外線が到達します。私たちが浴びている紫外線の90%以上がA波です。A波は、「生活紫外線」とも呼ばれています。

 

 

シミ以外にも、”しわ”や”たるみ”の原因になり、肌を老化させる活性酸素を体内に発生させると言われています。

 

 

 

(2)「UV-B(紫外線B波)

UV-B(紫外線B波)」は、屋外での日焼けの主な原因となります。B波は、「レジャー紫外線」とも呼ばれています。

 

 

シミ以外にも、ソバカス、乾燥の原因となります。紫外線は、波長が短いものほど有害性が強いので特に「UV-B(紫外線B波)」に気をつけなければいけません。

 

 

また、B波は地上に降り注ぐ紫外線の10%にも満たない少量ですが、A波の600から1000倍も悪影響があると言われています。

 

 

B波は肌の表面までしか届きませんが、表皮の細胞の遺伝子を破壊し、シミ、シワ、乾燥だけではないく、免疫力の低下や白内障、皮膚がんを引き起こすこともあります。

 

 

 

【 「UV-A(紫外線A波)」と「UV-B(紫外線B波)」の肌への浸透について 】

紫外線A波と紫外線B波

出典:http://www.shiseidogroup.jp/rd/topic/uvprotects.html

 

 

 

「紫外線」に気をつける期間、時間は?

 

「紫外線」の降り注ぐ地域季節によって”強さ”が変わってきます。

 

 

(1)地域

北の地域よりも、南の地域に行くほど紫外線は強くなる。

 

(2)年間

1年間の季節のなかでは、4月から9月頃にかけて紫外線が強くなる。紫外線は1年中降り注いでいるので、強くなる季節以外でも注意が必要。

【 1年間の紫外線量 】

1年間の紫外線量

出典:http://www.shiseidogroup.jp/rd/topic/uvprotects.html

 

 

(3)時間帯

1日のうちで、正午を挟んで前後2時間中(10時から13時頃)は紫外線が強くなります。

 

 

「紫外線」は晴れた日だけではなく、曇った日でも晴れの日の約半分の量ですが、地上に降り注いでいます。

 

【 単位時間あたりの紫外線量 】

単位時間あたりの紫外線量

出典:http://jp.rohto.com/learn-more/sun-care/column/study/

 

 

日本全国の紫外線の予想分布については、気象庁が発表している「今日の紫外線の予想分布図」を見ると紫外線の強さが分かります。

今日の紫外線の予想分布図」のULRはコチラ→http://www.jma.go.jp/jp/uv/

気象庁の「紫外線対策」についてのページはコチラ→http://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/3-42table_manual.html

 

 

 

「紫外線」の反射光について

 

「紫外線」は太陽から降り注ぐだけではなく、紫外線は地面にぶつかると反射して足元から肌に向かってきます。

 

【 紫外線の地表面の反射率 】

紫外線の地表面の反射率

出典:https://slism.net/beauty/how-to-select-parasol.html

 

 

土・草地やアスファルトに比べて、新雪は80%にもなります!

 

 

 

「紫外線対策」の「SPF」と「PA」ってなに?

 

日焼け止め化粧品のパッケージに表示されている「SPF」と「PA」とは、「UV-B(紫外線B波)」「UV-A(紫外線A波)」を防ぐ指標になっています。

 

(1)「SPF

SPFは、「UV-B(紫外線B波)」を防ぐ指標です。

SPFとは、英語で「Sun Protection Factor」の略で、日本語に訳すと「紫外線防御効果」になります。

 

数値が大きくなるほど、「UV-B(紫外線B波)」を防ぐ効果が高くなり、最大で「50+」と表示されます。

 

 

(2)「PA

PAは、「UV-A(紫外線A波)」を防ぐ指標です。

PAとは、英語で「Protection Grade of UVA」の略になります。言葉の通り「UV-A(紫外線A波)」を防ぐ効果の程度を表す指標になります。

 

今までは、「PA+」、「PA++」、「PA+++」の3段階でしたが、測定方法と表示方法の改定により「PA++++」を加えた4段階になりました。

 

「+」の数が多くなるほど、「UV-A(紫外線A波)」を防ぐ効果が高くなります。

 

【「SPF」と「PA」の表示例 】

SPFとPAの表示例

出典:http://www.shiseidogroup.jp/rd/topic/uvprotects.html

 

 

【 日焼け止め化粧品を選び方 】

日焼け止め化粧品の選ぶ場合の基準

出典:http://www.shiseidogroup.jp/rd/topic/uvprotects.html

 

 

 

現在もっともよく使用されている日焼け止めブランド・メーカーは?

 

現在、多くの人に愛用されている日焼け止め化粧品のブランド・メーカーのアンケートで回答がもっとも多かったベスト3は以下の通り。

 

第1位 『花王ビオレ

 

 

 

第2位 『花王ニベア

 

 

 

第3位 『資生堂ANESSA

 

 

 

飲む「紫外線対策」

 

最近では、化粧品の日焼け止めではなく、日焼け止めのサプリメントなども発売されています。

人気のあるものは、「ホワイトヴェール」と「雪肌ドロップ」があります。

 

ホワイトヴェール」の詳細はコチラ↓
WHITE VEIL~ホワイトヴェール~

 

 

 

雪肌ドロップ」の詳細はコチラ↓
雪肌ドロップ

 

 

 

 

 

記事作成日:2017/05/13

最終更新日:2017/05/13

 

 

 

                          

スポンサーリンク

-旬の話題
-