俳優・大杉漣さん(66)急性心不全で死去。

大杉漣死去

 

俳優の大杉漣さんが、2月21日、急性心不全で死去しました。享年66歳。

俳優・大杉漣さん(66)急性心不全で死去。

大杉漣さんの所属事務所が、公式ホームページで発表しました。

弊社所属の大杉漣が、2018年2月21日午前3時53分に急性心不全で急逝いたしました。

これまでお世話になりました共演者、スタッフならびに関係者、応援してくださったファンの皆様におかれましては、生前のご厚誼を深謝いたしますとともに、謹んでお知らせ申し上げます。

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180221-00000138-spnannex-ent

 

 

テレビ東京によると、大杉漣さんは、20日同局のドラマ「バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~」の撮影に参加。

撮影終了後、午後9時ごろ共演者らと食事に向かい、午後11時ごろ宿泊先に戻り腹痛を訴えたということです。共演者の松重豊さんらと関係者に付き添われてタクシーで救急病院へ。

そのまま、21日の午前3時53分にテレビ東京の関係者、ドラマの共演者、そして家族に見守られながら息を引き取ったということです。

葬儀は、本人、遺族の意向により親族のみで執り行うとのことです。

 

 

現在、出演中の連続ドラマ「バイプレーヤーズ〜もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら〜」(毎週水曜日よる21時)を放送するテレビ東京では、

21日放送の第3話は予定通り放送し、28日放送予定の第4話3月7日の放送については検討中とのコメントを発表。

 

 

ドラマで共演中の俳優の遠藤憲一さん、田口トモロヲさん、松重豊さん、石光研さんらもコメントを発表しました。

「あまりにも突然のことで、メンバー一同、まだ現実を受け止められないでいます。『バイプレーヤーズ』という実名を晒した上でのドラマで、そのリーダーであり、精神的な支柱でもあった大杉さんが突然いなくなるという喪失感は計り知れません」

「しかし最後の日まで、役者として現場に立ち、みんなを笑わせ続けていました。永遠に我々の目標であり、憧れでもある漣さんを、一同、心から誇りに思います」

「お疲れ様でした。どうか、安らかにお休みください。漣さん、ありがとうございました」

引用:https://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2018/02/21/kiji/20180221s00041000319000c.html

 

 

補足

大杉漣(おおすぎ れん)

1951年9月27日ー2018年2月21日 66歳没 178cm B型 徳島県小松島市出身。ザッコ所属。

主な出演作品

舞台:転形劇場各作品 映画:「ソナチネ」、「HANA-BI」、「アウトレイジ 最終章」

テレビドラマ:「いつかまた逢える」、「僕の生きる道」、「緊急取調室」シリーズ

 

関連記事:沢村一樹さん主演日本テレビ日曜ドラマ「レンタル救世主」のキャスト、主題歌、Twitter

関連記事:草なぎ剛さん主演フジテレビ火曜ドラマ「嘘の戦争」のあらすじ、キャストは?

関連記事:遠藤憲一さん他名脇役出演ドラマ「バイプレーヤーズ」のあらすじ、キャスト、主題歌は?

関連記事:千葉雄大さん主演MBS/TBSドラマ「ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」のあらすじ、キャストは?

関連記事:天海祐希さん主演テレビ朝日ドラマ「緊急取調室 2nd season」のあらすじ、キャスト、主題歌は?

 

 

 

素敵な俳優さんでした。とても残念です。

大杉漣さんのご冥福を心よりお祈り申し上げます。

 

 

記事作成日:2018/02/21

最終更新日:2018/02/22

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です