大河ドラマ「麒麟がくる」代役は川口春奈さんに決定

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」代役川口春奈さん

 

 

2020年1月から放送のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」を降板した女優・池尻エリカ容疑者の代役に川口春奈さんを起用することに決定したとNHKが発表。

帰蝶(濃姫)役は川口春奈さんに!

帰蝶(濃姫)役は、沢尻エリカ容疑者が初回から登場する予定で撮影がスタートしたが、11月16日麻薬取締法違反の容疑で逮捕され降板。その後、急遽代役をたて新たに撮影し直すことになり代役を探していました。

帰蝶(濃姫)は、戦国大名・斎藤道三の娘で、後に政略結婚によって織田信長の正妻となる人物。主人公の明智光秀とは姻戚関係にあり、幼いことから知り合いであるといった設定。初回から登場し、作品の終盤まで出演する予定。

川口春奈さんは、大河ドラマ初出演、時代劇初挑戦だがNHKは「確かな演技力があり、戦国武将の娘としての気高さと強さを表現していただける」と起用の理由を説明しています。

 

「麒麟がくる」主なキャスト

長谷川博己(42):明智光秀

本木雅弘(53):斎藤道三

染谷将太(26):織田信長

佐々木蔵之介(51):藤吉郎

風間俊介(36):徳川家康

向井理(37):足利義輝

眞島秀和(42):細川幽斎

 

川口春奈さんプロフィール

生年月日:1995年2月10日(24歳)水瓶座

出身地:長崎県

身長:166cm

血液型:O型

趣味:音楽鑑賞

好きな食べ物:梅干し

所属事務所:研音

 

放送開始日は「1月19日」

代役の川口春奈さんの撮影が12月初旬から始まりますが、初回放送日は2週間延長され1月19日からのスタートとなるようです。また、放送回数(最終回予定日)は、いまのところ未定だそうです。

 

幼いことからの知り合いが、自分の夫に謀反を起こすとはすごい設定の役ですね・・・

 

 

記事作成日:2019/11/21

最終更新日:2019/11/26

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です